「工作のヒント」 のあ のアトリエ  (子供のアトリエは平成13年2月まで。長い間ありがとうございました。)  
子供達の作品 おがくず粘土 墨を削って
バードカービング   織物
のあの名前の由来    
過去のページ
クリックしてください
仮面、食品トレーで作る、
ケーキ(マジパン)、木の絵馬
リース(塩粘土と焼き板細工)、張り子の鳥、
スライム、イラスト
植木鉢に描く、ひよこを作る、
ダンボールに靴を描く
ザリガニの石膏版画、
楽器を描く
ランプシェード
空缶のギター、夢のパフェ

おがくず粘土

電動工具を使って出たおがくずを、少しずつミキサーで砕いて細かい粉にします。
(堅い木が混じっていると危険なので注意して)
洗濯のりと、固ければ水も少々入れて良く混ぜ全体をなじませます。
細かな細工には向きませんが、乾くと、落としても割れない、丈夫な作品が出来ます。
墨を削って
           
      発泡スチロールボードに金の色紙を貼り、墨汁を塗って乾かしたものを用意します。
竹串や紙やすりを使って墨を削り落とす事で絵がかけます。
(墨を塗る前に、しかロールを使って金紙の油分を取り除いておくのがこつです)
広い面積は、水をつけた綿棒を使って墨を落とします。
  
もどる
バードカービング
           
           もどる



織機と織物
ベニヤ板を使って簡単な織機を作りました。模様織りも出来ます。
(参考図書「たのしいものづくり」授業を作る社刊)


     
アトリエには10数人の子供達がやってきます。絵画だけではなく、工作や、時にはお料理も作ります。例えば・・・
鯖を描いたら、その鯖を七輪で焼いて食べよう。これはとてもおいしかった!)
よもぎを摘んで来て、お団子を作ろう。等...皮膚感覚や、感動を大切にしたいと思います。
子供に教える、というより、共に楽しんでいたいな。