心を描く」                                                      
(地域人材活用促進事業」で、地元の小学6年生に行った授業を抜粋、再構成 したものです

今日は心を描く、ということをします。
普段絵を描く時は例えば友達の顔をかく、とか、物語を描くとか、風景を描く、とか 目に見えるものを描くでしょう?
今日は、違います。
みんなの心の中、を描きます。
心って、形は有るかな?
ハート型じゃあないよ。

目に見えない、でも、ちゃんと描く事が出来ます。
みんなは、例えば運動場で運動会の練習の時、砂に絵を描いていた事ない?
何か決ったものを描く訳じゃあないけど、なあんとなく砂に指で描いていた事あるでしょう?
その時は「退屈やなぁ」という心を描いていたんですよ。
その時は先生に怒られた?
今日は怒られません。堂々と描きます。

鉛筆を使います。
なあんや、と思うかもしれないけれど、描く人によって随分ちがった 線が描けるもんです。
馬鹿にしたらあかんよ。
強く描いたり弱く描いたり、ビュンって早く描いたり、ゆっくりじりじり描いたり、で随分感じが違うよねえ。
これから描く絵は、出来上がりがどういう風になるか決めません。

どんな物が出来るか、描いてみるまで分からないんです。 うまい、とか、下手、とかも関係無いです。

安心して描いてね。 あ、描く時は、おしゃべりはやめてね。口を閉じて静かに描く。
心の中でもおしゃべりはしない事。 そうしないとうまく形が出てこないからね。

実際に描いてみましょう
紙は広告の裏でもいいんですよ。
鉛筆は、シャーペンはやめて、2Bくらいの柔らかいものが良いですね。

まず、うれしかったことを例にします。
今まで一番うれしかった時のことを思い出します。
やったあ、試合に勝った!とか、小犬が家に来た!とか・・・
その時の気持ちを思い出すというより、自分が心の中でもう一度タイムスリップしてその時の気持ちに「今」なるのです。
うれしい時は、わくわくして、身体はスキップしたくなるし、歌を口ずさみたくなるかも。
その気持ちが胸の中からビビビッと腕に伝わって来ます。
それをそのまま紙にぶっつける。
どんな線が出てくるか、描く人にも分かりません。
描いてみるまで分かりません。 はじめからこうしよう、と思う必要も有りません。
見てきれいかどうかではなく気持ちが表れた線ができたらばんざいです。
次は紙を変えて、悔しかった事を描きます。
くやしかったことは、同じ様に心の中でもう一度体験すると思わずこぶしを握ってしまうかも。
力が入って紙が破れたらそれでも良いです。
見える形で表現することで、なんだかすっきりするかもしれません。

いろんな感情を表現してみましょう。
心で人を描いてみましょう。
人を表現すると言っても、似顔絵ではありません。
その人の事を頭に描く時に受ける感じ、が出れば良いのです。
触覚で捕らえる感じ、と言ったら分かるでしょうか?

胸の中にもやもやがたまってしんどいなあ、と思う時があっても心の中のものを絵に出してみると、少し楽になるかもしれないよ。

TOPに戻る