創作のヒント                                        


子供の頃から描いたり作ったり、が好きでした。
系統だてて「絵の描き方」を書くのは難しいですが、少しばかり描く人のヒントになれば・・・
(分かりにくいところがあると思いますが、もっと良い表現を思いつけば随時更新いたします。)

おしゃべりしてると逃げちゃう

描いている間はおしゃべり出来ません。
描く時は、対象と1対1の「交流」をすることにのめりこんでないと、どうもうまくいかないみたいです。
「交流」というのは触覚的な感じで、そのものの体温や手触りを感じ取る、
視覚で触ってる感じ(う〜んどう説明したら良いのかな)
心の中に、直接感覚を取り込む、というか・・・
心の中では「言葉」は使ってないんですね。(ここがこうなってるねん、などとしゃべってない)
ただただ感じ取る。
描く対象を「好き」だと、その交流がうまくいきます。
おしゃべりする(実際にでも心の中でも言葉に表す)と、そういう感覚が逃げてしまいます。
又戻るのが大変。
「天才」の人は、いつでもスッとその中に入れるのかもしれないな。

何色を使うの

何色を使おうかな、とか、ここの色どうしようかな、と思う時は、うまくいっていない時です。
うまく流れに乗っている時は、
絵の方から次こここうしなさいね、とか、こうなりたい、と言って来る様な気がします。
無意識に任せて、いつのまにか出来たなあ、という作品が一番良いって、なんだか変ですねえ。
人に教える時はそうも言っていられないのですが・・・
行き詰ったらしばらく時間を置いたり、絵をさかさまにして見たりしています。


すきまのかたち

手はこんな形、とか目はこんな形、と、いう先入観から抜け出すのは難しい・・・
「目はぐるっと周りの輪郭を囲んで、黒目ぐるぐる、上にまつげを描いておしまい!」
はじめて描く人はそうなりがちです。
「手の形、目の形、はこういうもの」という先入観が描くときの邪魔になります。
心の中で「これは目だ」とか「これは手だ」と思ってしまうと実際に目に映った形が見えなくなってしまいます。
でも対象を見るときに、「生まれて初めてそれを見た」気持ちになれたら、概念から抜け出すことが出来ます。
それには
対象のを見るのと同じ比重ですきまの形(ネガの部分)もよく見ることです。
隙間の形は「なんともいえない見たことの無い変な形」だからです。
見慣れたものでなければじっくりと面白がって観察することが出来ます。

レントゲンの目

たとえば花を描く時、こちらからは見えないけれど茎は後ろのここから出ているな、とか
人物では骨格。
この部分は触れば柔らかいだろうし、ここは関節で固いな、とか。
仕組みを知り、分解、分析する視点がいります。
上で描いたこととは矛盾するかもしれませんが、心の中で分析的な見方と触覚的な見方を切り替えながら描いています。



「心を描く」